うめさくらちゃん

心が通じた動物たちとは今でも、私の身体の内側で一緒に生きています。
あの魂たちが私と日々をともに居てくれると、たしかに感じとり信じています。
自分がこの魂で地上に誕生できたこと、

動植物の心に寄り添える身体で生まれたことが真に幸せと想え、両親に感謝します。

2018年8月16日に生涯の宝となる雌の鳩に出会いました。
これまでに暮らした猫たち、友情を交わした雀たち、そのほかのみんなが宝です。
なかでも彼女は、ほかの宝たちに並びながら際立って、強烈に私を捉えそして去りました。

いま想えば、私の「生命の危機」であった時期の支えでもありました。

あれは天からの使者だと感じられ、またその生きざまが私の「師」となりました。
会えなくなった花の盛りの季節から、梅桜(うめさくら)ちゃんと呼んでいます。
あの賢さと、美しい瞳と、微笑むような顔立ちを、私は私が永眠するそのときまで忘れることなく共に在りつづけることでしょう。
この鳩とはほぼ毎日会えていましたが、今年の3月5日が最後になりました。
彼女が初めて現れたとき、その両足には黒い糸がグルグルと巻きついていました。
片足ずつ巻きついて、さらに両足をまた糸がつないでしまった状態。

はじめにその両足にかかる糸をちぎり、それから少しずつ巻きついた糸を取りました。

けれども、指先のものは取れても足の上部は(おそらく)取りきれませんでした。
次第に足はうっ血で腫れ上がり、糸は食い込み埋まり、そのスジ模様が見えるばかり。
指を次々に失い、残ったのは両足とも2本のみ。

アヒルの足のように腫れた足、かがむ姿勢でありながら群れの中で歩いていました。

鳩が動き回る中、なんとか糸のほぐれた部分を探すも、もう外してあげられません。
それでも、彼女が「生」を全うしようとしている現実を、眼前に突きつけられれば、私も見守り続けることから逃げるまい、そう腹を括るしかありませんでした。
食物を謙虚かつ貪欲に求める姿。2本指で電線に乗る練習の姿。力強く飛ぶ姿。
2月22日、それまで上下に動かして痛むようだった右足が、ついに壊死しました。
その前から腫れが増し、変色もひどくなり「限界」が近いかと案じていた頃のことです。
うっ血が更に増したことに加えて、もしかしたら骨折があったかもしれません。

黒くなるだけでもショッキングですが、壊死した足は日に日に小さく枯れて行きました。

それでも・・彼女は変わりません。「なにか?」と私に微笑んで見せるのでした。
バランスがとれず右の羽がバサバサ地面を打っているのに。
食べるときには体がグラグラ揺れるのに。

踏ん張れなくて飛び立つのが難しそうなのに。

片足を失って1週間以上もそうして、弱りながら、最後まで平然と毅然としていました。
気づけば、どうやら一緒にいた群れごとゴッソリの引っ越しとなったようです。
「あの体で。どこまで苦労の多い子なのか!」と一時は嘆き涙しましたが、たとえ群れについて行けず力尽きても、それが梅桜ちゃんの望む「生」だったのでしょう、見せてくれた気概を想い、泣いていては失礼じゃないか、己の「生」はいかに?と省みます。
自然界で起こる事故や病気や怪我などは、別として。
今回は、人工物が野生動物を傷つけ得ること、それが現実に起きていて、いまも苦しむ動物たちが存在することをここに残すことにしました。
そして、野生動物の一部が、害獣・害鳥などと区別され傷病保護対象外であるという、収まりの悪い情報が心に留まっています・・・